バイアグラQ&A【バイアグラお助けガイド】

バイアグラとほかの治療法の違いについての質問

バイアグラとほかの治療法の違い

何年も前から勃起不全なのですが、恥ずかしかったので一度も病院に行っていません。でもバイアグラが評判になって、悩んでいるのは自分だけではないことを知り、ようやく治療を受ける気になりました。
バイアグラとほかの薬の違いを教えてください。

 

答え
バイアグラとほかの薬物療法にはいくつかの違いがあります。ほかの薬はすべて直接ペニスに用いるもので、ペニスに注射するか、尿道にMUSEという坐剤をそうにゅうするかのどちらかです。尿道というのは精液と尿が出るときに通る管です。バイアグラと注射やMUSEとの違いをまとめてみました。

 

バイアグラ 注射またはMUSE
全身的 局所的
自然に勃起 強制的に勃起
簡単 ある程度の器用さが必要
性的な環境で作用する 性的な環境でなくても作用する
勃起までに最大2時間かかる 5分から10分で勃起する

 

バイアグラを含めて内服薬は、血液中に入って全身を循環します。したがって、予期せぬ有害な副作用が出てしまう可能性があります。

 

さいわいバイアグラの作用機序は、ほとんどペニスにしかない酵素を阻害することなので比較的問題が少ないのですが、それでも体のほかの部分に影響を与える場合を与える場合があります。

 

もっとも顕著な例が目に対する影響です。少数ですが視覚に問題が出ることもあります。

 

一方、注射や坐剤のMUSEが作用するのは、一部の例外を除いてペニスに限られています。

 

パパべリンあるいはパパべリンとフェントラミンの組み合わせは、ペニスから全身の循環器系に回って肝臓を障害する場合があります。長期間投与した場合、40パーセントが肝臓の軽い炎症を起こしますが、投与を中止すると肝機能検査の結果が正常に戻ります。プロスタグランジなど、そのほかの薬はペニス内で完全に分解されます。

 

バイアグラが称賛されるのは自然だからです。

 

無理に勃起させるのではなく性的興奮や性的関心があるときにだけ勃起します。

 

これに対して、注射やMUSEは性的な環境の有無にかかわらず勃起します。どちら体位かは状況によるでしょう。注射や坐剤は速やかに作用するので、特に予定外のセックスの時にいいかもしれません。バイアグラの場合は、前もって予定しておく方が好都合です。

 

バイアグラに若者も注目

 

バイアグラに若者も注目

急増するストレス、仕事上のトラブルによる極度の緊張、複雑な人間関係に悩まさる日々、このような精神的に疲れる環境から、体の機能も低下することは良く知られています。

 

これらのストレスは、男性の体の体調だけでなく、勃起機能、しいては夜の性生活にまで悪影響を及ぼしているのです。

 

性欲旺盛、勃起能力は正常にもかかわらず、いざ本番となるとしぼんでダメになってしまったり、欲情しても勃起が維持でいないで、いわゆる中折れ状態になってしまう男性が増えています。

 

そのために今バイアグラがとても注目されています。このような症状の改善にはとても効果的なだけでなく、日本にいながら海外へ注文できるようになってきたからです。

 

この問題はデリケートであるがゆえに、自分自身で人知れず悩んでいるケースが多い。昔から40代から廊下を実感するとされており、歯⇒目⇒精力の順番で衰えるようです。

 

しかし、このようなストレス社会の影響か、自分の勃起力が他人よりも劣っていると考え悩む男性の年齢層が若くなってきているのです。

 

精力絶倫真っ盛りの20代でも、このような症状に悩んでいる人がいます。原因としてはアダルトビデオ飲みすぎがあるといわれています。アダルトビデオで行われる性行為がデフォルトだと考えるようになり、自分がしている性行為は何てタンパクなのだろうと考えてしまうのです。

 

そのために性的刺激が満足できなくなり、その影響で若者のEDがあるというのです。EDには年齢的なものが原因の老衰性陰萎と、精神的な原因の神経衰弱性陰萎とに分けることができます。

 

若者の場合は、後者に当てはまります。このようなときのもバイアグラは効果を発揮してくれます。